ホイルバランス調整

オプトライドプログラム

ホイールとタイヤの最適な位置を捜し、
その場所に合わせたバランス調整を正確に行います。

イメージ

オプトライドプログラムとは?

当社が誇るホフマン社のバランサーには「オプトライドプログラム」という機能 がついています。
これは一言で言えば、「ホイールとタイヤの最適な位置を捜し、その場所に合わせ てバランス調整する」機能です。 ホイールとタイヤのそれぞれの重心を、最適に組み合わせるようにコンピューター が計算、その組み合わせ位置を分かりやすく表示してくれます。

コンピューターが最適な重心を計算し、バランス調整

オプトライドプログラムとは
オプトライドプログラムとは

ホイールとタイヤのそれぞれの重心を、最適に組み合わせるように
コンピューターが計算、その組み合わせ位置をわかりやすく表示してくれます。

オプトライドプログラム作業の流れ

1

ホイルをバランサーにセットしスタートボタンを押す

イメージ
イメージ
ホイル単体をバランサーにセットします。
オプトライドプログラムのスタートボタンを押します。「OPT1」がディスプレーに表示されます。
2

バルブ位置をシャフト真上に正確にセット

イメージ
イメージ
手で回してバルブ位置をシャフト真上に正確にセットしOPボタンを押します。
手で回してバルブ位置をシャフト真上に正確にセットしOPボタンを押します。
3

ホイル単体のみバランス測定します(1回目の測定)

イメージ
測定が始まり測定後に「OPT3」がディスプレーに表示されます。
4

タイヤをホイルに装着、規定の空気圧にします。

イメージ
タイヤをホイルに装着、規定の空気圧にします。
5

タイヤ・ホイルをバランサーにセットします。

イメージ
イメージ
タイヤ・ホイルをバランサーにセットします。
手で回してバルブ位置をシャフト真上に正確にセットしOPボタンを押します。
「OPT4」がディスプレーに表示されます。
6

タイヤ・ホイルのバランス測定します(2回目の測定)

イメージ
測定が始まり測定後に「OPT5」がディスプレーに表示されます。
7

シャフトの真上にセットしチョークで1本線をタイヤに印ます。

イメージ
イメージ
タイヤ・ホイルを手で回し、ディスプレーに表示されている「縦の1本線」の部分がシャフトの真上にセットしチョークで1本線をタイヤに印ます。
「OPT5」がディスプレーに表示されます。
8

タイヤの位置を180度ずらします。

イメージ
チェンジャーを使用してタイヤに印された1本線の部分がバルブ位置に来るようにします。つまりタイヤの位置を180度ずらします。
9

タイヤ・ホイルをバランサーにセットします。

イメージ
イメージ
タイヤ・ホイルをバランサーにセットします。 手で回してバルブ位置をシャフト真上に正確にセットしOPボタンを押します。
「OPT6」がディスプレーに表示されます。
10

タイヤホイルのバランス測定します(3回目の測定)

イメージ
タイヤホイルのバランス測定します(3回目の測定)
11

チョークで2本線をタイヤに印ます。

イメージ
イメージ
上記3回の測定の結果、「最適な位置」がディスプレイーに表示されました。
タイヤ・ホイルを手で回し、ディスプレーに表示されている「縦の2本線」の部分がシャフトの真上にセットしチョークで2本線をタイヤに印ます。
12

タイヤに印された2本線の部分がバルブ位置に来るようにします。

イメージ
チェンジャーを使用してタイヤに印された2本線の部分がバルブ位置に来るようにします。この位置こそがコンピューターが演算したタイヤとホイルのベストマッチングの位置なのです!
13

タイヤ・ホイルをバランサーにセットします。

イメージ
タイヤ・ホイルをバランサーにセットします。
14

タイヤ・ホイルのバランスを測定します(4回目の測定)

イメージ
イメージ
タイヤ・ホイルのバランス測定します。(4回目の測定)
ディスプレーに 内側:5g 外側:20g が表示され、バランスウェイトを貼付ます。
15

バランスウェイトを貼付後もう一度測定。

イメージ
イメージ
バランスウェイトを貼付後もう一度測定。
ディスプレーに 内側:0g 外側:0g が表示され、バランス調整が完了したことを示します。

オプトライドプログラムの作業料金

サイズ 当社で新品タイヤご購入の際に
「オプトライドプログラム」を
実施する場合
A以外の場合
金額(税込) 金額(税込)
10~15インチ 1本 3,500円 1本 5,500円
16~18インチ 1本 4,000円 1本 6,500円
19~20インチ 1本 4,500円 1本 7,500円
21インチ以上 1本 5,000円 1本 8,500円

・ホイルの形状・タイヤの種類・タイヤサイズによっては「オプトライドプログラム」が実施出来ない場合もあります。

・「オプトライドプログラム」実施のためにタイヤをホイルから外す必要があります。例えば低偏平タイヤで既に使用されているタイヤの場合には、ホイルからタ イヤを外す時にビード部分が損傷する状態のタイヤもあります。このような状態だと判断した場合には実施をお断りいたします。

・また「オプトライドプログラム」実施したからとて、ハンドル振れを含む全ての問題が解決するとは限りません。あくまでも、そのホイルとそのタイヤとのベストマッチングを追求する機能です。

オプトライドプログラムの説明 ホフマンジャパン社 竹内氏

皆様こんにちは、ホフマンジャパンの竹内です。
「オプトライドプログラム」について説明いたします。

「オプトライドプログラム」は、ホイールのバランス測定結果に基づいてタイヤとリム を互いに振れを打ち消すような最適な位置(タイヤの回転状態が最も良好となる位置)に組み合わせるための機能です。このオプトライドの作業は、ホイルのラジアル方向とラテラル方向のランナウト及びフォースバリエーションを減らし、結果としてバランスウエイトの量も減少させることもできます。

代表取締役柿添社長三ツ元氏 竹内氏

代表取締役柿添社長三ツ元氏 竹内氏
ホフマンジャパン社にて撮影(2009年3月)

まず、ホイル単体のみのバランス測定(1回目の測定)、これでそのホイル単体のアンバランスをバランサーに認識させます。

タイヤを組んでのバランス測定(2回目の測定)で先ほどのタイヤ単体の測定とどれだけアンバランスの量が変化したか、しなかったかをバランサーが認識します。

※ご注意
「オプトライド」と「ミニマイゼーション」とは違います!

この「オプトライドプログラム」に似たような位相合わせは随分以前からされていました。
例えばホイル単体で測定し、表示されたアンバランスに修正のバランスウェイトを付けて0g合わせにします。ウェイトの位置によってそのホイルの軽い部分重い部分がわかります。
次にタイヤを組んでタイヤホイルで測定。それで 表示されるアンバランスはタイヤ単体のアンバランスだと判断します(なぜならホイルは0g合わせしているので)。
ウェイトの位置によってそのタイヤの軽い部分重い部分がわかります。そしてタイヤをズラしタイヤの重い部分をホイルの軽い部分を合わせます。このようにしてもう一度バランスを取るとタイヤとホ イルの重い部分軽い部分が相殺されて修正のためのバランスウェイト量は少なくて済みます。このような作業を我々は「ミニマイゼーション」と読んでます。つまりバランスウェイトの最小化です。
リムにあるアンバランス(重い部分)の位 置とタイヤにあるアンバランス(重い部分)の位置を反対に組合わせることで、各々のアンバランスが互いに打ち消し合い、バランスウエイトをできるだけ小さくすることができます。
「ミニマイゼーション」と「オプトライド」は別物だとご理解下さい。どちらが良いとか優れているとかではなく別物です。

お見積り
お問い合わせ
  • プロのタイヤ交換
  • 通販について
  • クラシック・旧車に関して
  • お客様の声
  • 村上タイヤToday Blog
ページトップへ